本文へスキップ

会社の破産・倒産の弁護士費用・手続費用

TEL. 03-5957-3650

平日20時・土曜17時まで営業 池袋駅より徒歩5分

会社破産の弁護士費用Legal Fees

会社破産トップ > 弁護士費用のご案内

 オリオン法律事務所(池袋/横浜)の弁護士費用をご案内します。
 費用の詳細や費用の最適な準備方法については,無料法律相談の際に弁護士からご案内いたします。

会社破産の法律相談

 会社の破産・倒産は,なによりお早めのご相談が肝心です。ご予約の上ご来所下さい。

法律相談料
無料

破産の費用準備方法

池袋東口法律事務所

会社と個人との区別

 会社と代表者の同時破産の場合,会社と代表者とは法的には別の存在だという建前がありますから,会社破産の費用については会社自身の資産(会社の現金,預金,売掛金など)から支出し,代表者の破産については代表者の資産から支出するのが原則です。
 ただし,裁判所に納める予納金(20万円〜)については会社が出しても代表者が出してもかまいません。

費用の最適な準備方法

 会社の破産費用がすぐに用意できなくとも,弁護士が会社の財産を処分したり売掛金を回収することで会社破産の費用を賄うことができる場合があります。
 費用の準備の仕方については様々な方法がありますので弁護士と打合せをなさって下さい。

会社破産の弁護士費用・手続費用

 会社の破産は資産や従業員の数,取引先の状況等個別の事情により作業量が大きく異なるため,以下は目安の金額です。大まかに言って会社が営業中かどうか,従業員・不動産・在庫の有無,早期対応の必要性により弁護士費用が異なります。

【弁護士費用】

廃業済の会社

・既に廃業しており特段の問題がない場合 着手金 30万円

会社営業中ー従業員・不動産・在庫すべてなし

・従業員,不動産及び在庫がなく特段の問題がない場合 着手金 40万円

会社営業中―従業員・不動産・在庫あり

 不動産の明渡しや従業員の解雇に付随する事務の代行弁護士による解雇の説明会への同席廃業後の売掛金回収による手続費用充当などを行う必要がある事案の報酬は以下のとおりです。

・関係先25社未満かつ負債総額7000万円未満 着手金 65万円
・関係先40社未満かつ負債総額1億円未満 着手金 80万円
・関係先60社未満かつ負債総額1億5,000万円未満 着手金 120万円
・関係先80社未満かつ負債総額2億円未満 着手金 160万円
・関係先80社以上または負債総額2億円以上 着手金 別途見積り

手続が成功した場合に生じる「報酬金」についてはいただいておりません。
税別表記です。事業所への出張が必要な場合は別途日当がかかります。
同時に会社代表者の破産等の債務整理を行う場合は別途個人の債務整理費用がかかります。

【予納金・手続費用】

・少額管財の場合 予納金20万円

別途,官報広告費や印紙代等の実費がかかります。
多大な管財業務が見込まれる大規模な破産のため少額管財として扱われない場合,予納金は70万円〜となります。予納金額の見込については弁護士にご相談ください。

池袋東口法律事務所


バナースペース

弁護士法人オリオン法律事務所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1−47−1 庚申ビルディング601

TEL 03-5957-3650
FAX 03-5957-3653

[営業時間]
平日 9:30〜20:00
土曜 9:30〜17:00

対応地域

  • 東京都
    豊島区│板橋区│練馬区│文京区│新宿区│中野区│北区│台東区│墨田区│荒川区│足立区│葛飾区│江東区│港区│渋谷区│目黒区│杉並区│大田区│世田谷区│品川区│西東京市│東久留米市│東村山市│清瀬市│武蔵野市│三鷹市│小金井市│その他の市区町村
  • 埼玉県
    さいたま市│川口市│戸田市│蕨市│和光市│朝霞市│所沢市│新座市│志木市│その他の市町村
  • 神奈川県
    横浜市│川崎市│大和市│厚木市│相模原市│鎌倉市│綾瀬市│座間市│海老名市│藤沢市│逗子市│葉山町│横須賀市│茅ヶ崎市│平塚市│大磯町│二宮町│その他の市町村